リサイクル業界の役割

平成12年に政府より循環型社会形成推進基本法が発布されて久しいですが、ゴミを減らす我々の社会の中での役割もさらに重要な社会的要素として捉えられてきています。地球温暖化等の防止目的で、グローバル単位での環境保全を求められている中、リサイクルの必要性が更に見直されつつあります。古紙を再生紙として再利用することは森林、具体的にはユーカリの伐採を減らし、近代工業で汚染された地球環境を守るという役割が必要とされています。

また、紙は人類の維持発展に必要不可欠なものであり、数千年前の大昔から人類の生活を豊かにしてきました。そのような大切な”紙”の原料のひとつである古紙を扱うという、重大な使命を我々は仰せつかっております。紙をまったく使用しない生活を想像してみてください、それが不可能なことがわかります。いくらデジタルが発展したとしても、人と紙は切っても切れない関係なのです。

我々が集めた、物流と共に発生するダンボール、家庭や企業から排出された新聞・雑誌等が再利用され、世界中をそれらが飛び回るのです。リサイクルで社会に貢献するという役割は、そういった面でも大変有意義なことです。

やる気のある方、リサイクル業界に興味のある方、是非とも我々と共に汗を流し、気持ちのいいお仕事をしようではありませんか。

 

f0d4598deebaf229a3c5f34250460569_t

「ユーカリ」の葉を食べるコアラ

 

広告